ゼナドリンでお手軽ダイエット【食事と運動で健康的に燃やせ脂肪】

サプリメント

薬を使わない工夫

ダイエット

血糖値が高いと糖尿病を初め眠くなったり、疲労の原因になります。炭水化物や砂糖の摂取で血糖値は一気に上昇します。この上昇を抑えることにより糖尿病リスクを下げることができます。食事のコツは野菜、タンパク質、炭水化物の順で食べることです。野菜に含まれる食物繊維は大腸がんのリスクを下げる効果以外に血糖値上昇を抑える効果もあります。これは食物繊維により糖が急に吸収されないようになるためです。またゆっくりよく噛んで食べることで満腹ホルモンであるレプチンは分泌されます。レプチンは食後20分ほどで分泌されるため野菜から食べるとカロリー摂取を抑え、体重増加リスクを下げる効果も期待できます。更に顎を使うことにより表情筋が鍛えられ若々しさを保つ秘訣にもなります。

血糖値が急激に増加することにより糖化という反応が起こりやすくなり、糖尿病リスク以外に老化の原因にもなります。近年美容関連の記事では紫外線以外に糖化を抑える工夫が紹介されています。ゆっくり食べる以外に、紅茶やコーヒーなどは様々な健康リスクを下げることや抗酸化物質が含まれていることが知られています。女性だけでなく男性も美容に興味がある方が多く、女性より男性の方が食生活に気を付けているケースも多くあります。男性の場合ホルモンによりもともと若々しさを保つことができるのですが、ホルモンの加護は弱くなると一気に老ける傾向にあるため、若い年齢層で血糖値やコレステロールなどのコントロールに気を付ける方が増えつつあります。